PR

インスタ映えするワンランク上のメリハリメイクのコツ

メイク

お出かけシーズンになると、自撮り写真や集合写真を撮る機会が増えますね。

だからこそ、撮った写真をInstagramなどのSNSにアップする機会も増えるはずです。

みんなに見てもらう写真だからこそ、できるだけきれいに写りたいと誰もが思いますよね。

実は、良い写真写りのためのメイクテクニックがあります。

写真に写ったときに、メリハリのないのっぺりとした顔にならないために、写真写りが良くなるメイクのコツを知っておきましょう。

ここで、インスタ映えするメイクのコツをご紹介します。

ベースメイクのコツ

ベースメイクは、透明感のある肌を作るためにも下地クリームからこだわり、ファンデーションは艶感のあるものを使いましょう。

透明感のある肌を作るためには、ベージュやイエロー系の下地クリームを使うことです。

肌色と同色系の下地クリームなので、自然に肌になじみ、色ムラなどをカバーしてくれます。

肌のくすみが気になる人は、パープル系の下地クリームを使うと透明感がアップします。

下地クリームを顔に均一に塗ったら、艶感があるファンデーションを薄く載せていきます。

ファンデーションの色は、自分の肌の色に近いものを使いましょう。

そして、パールやラメなどが入っていないファンデーションを選びましょう。

パールやラメが入っていると写真に写った時に、白く写ってしまう可能性があります。

ハイライトとシェーディングのコツ

顔に立体感を作らなければ、平坦でのっぺりとした顔で写ってしまいます。

顔にメリハリをつけるために役立つのが、ハイライトとシェーディングです。

まずハイライトは、目尻のCゾーンとチークを塗る場所の少し上くらいに、さっと入れましょう。

ハイライトは、パールがあまり入っていないマットなものを使いましょう。

次に、シェーディングを入れる場所です。

シェーディングには、シェーディング用のパウダーか、いつも使っているファンデーションよりも、少し暗めのトーンのカラーのファンデーションを使います。

シェーディングは、鼻筋のノーズシャドーを入れる場所、両頬の角、顎から下のフェイスラインにさっと入れましょう。

チークの色や入れ方のコツ

チークを入れると入れないでは、写真写りはかなり違ってきます。

いつもよりも濃いめにチークを入れると、メリハリ顔を作れます。

カラーはオレンジ、ローズ、ピンク系がおすふめです。

ラメがあまり入っていないものを使い、こめかみから斜めに鼻筋に向かって鋭く入れると、メリハリが効いた印象になります。

アイメイクのコツ

アイメイクはカラフルにしすぎないで、ブラウンやスモーキーなカラーで仕上げます。

アイラインは、いつもよりも濃いめに黒で入れましょう。

目尻は少し跳ね上げるようにして描き、キリッとした印象の目を作ります。

マスカラは、まつ毛をしっかりカールしてくれるタイプのものを使用します。

まつ毛が少ないと感じる人は、まつ毛を増やすタイプのマスカラも重ね塗りしましょう。

まつ毛のボリュームによって写真写りはかなり変わります。

実は、アイシャドーやアイラインよりもマスカラが一番重要なので、しっかりと塗るのがポイントになります。

まとめ

お出かけシーズンになると、自撮りや集合写真を撮る機会が増え、SNSにアップする機会も増えます。そんな時、誰もがきれいに写りたいと思うでしょう。実は、写真写りを良くするためのメイクテクニックがあります。ここでは、インスタ映えするメイクのコツを紹介します。

まず、ベースメイクでは透明感のある肌を作るため、ベージュやイエロー系の下地クリームを使い、艶感のあるファンデーションを薄く塗りましょう。くすみが気になる場合は、パープル系の下地が効果的です。また、パールやラメが入っていないファンデーションを選ぶことで、自然な仕上がりを保てます。

次に、ハイライトとシェーディングで立体感を出しましょう。ハイライトは目尻のCゾーンやチークの少し上に入れ、シェーディングは鼻筋や頬の角、顎のフェイスラインに入れます。これにより、顔にメリハリが生まれます。

チークはオレンジ、ローズ、ピンク系の濃いめのカラーを使い、こめかみから鼻筋に向かって斜めに入れると、メリハリの効いた印象に仕上がります。

アイメイクはブラウンやスモーキーなカラーでシンプルに仕上げ、アイラインは黒で濃く入れ、目尻を少し跳ね上げるように描きます。マスカラはカール力のあるタイプを選び、ボリュームを出すためにしっかりと塗りましょう。まつ毛のボリュームが写真写りに大きく影響します。

これらのメイクテクニックを取り入れて、写真映えする魅力的な姿をSNSで披露しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました