PR

正しい腹式呼吸で自律神経を整えよう

ストレス
最近、疲れやすくて体がだるいと感じることはありませんか?
それは自律神経の乱れが原因かもしれません。
自律神経はストレスなどでバランスが崩れやすく、簡単にできる「腹式呼吸」がその改善に役立ちます。
腹式呼吸は健康維持に効果的ですが、正しく行うことが重要です。ここでは、腹式呼吸の正しいやり方とポイントをご紹介します。

頭がクラクラする原因と対策

腹式呼吸で頭がクラクラする原因として考えられるのは、以下の通りです。

力を入れすぎている

お腹を膨らませる・へこませることに集中しすぎて、全身に力が入っていませんか?リラックスした状態で呼吸に集中しましょう。

一度にやりすぎている

腹式呼吸を一気に行うと過呼吸になり、頭がクラクラすることがあります。ゆっくりとしたペースで行いましょう。

正しい方法の確認

腹式呼吸が正しくできているかを確認するには、お腹の下と胸に手を当ててみてください。お腹が動いていて胸が動いていなければ、正しく行えています。

効果的な腹式呼吸のポイント

腹式呼吸の基本は、鼻からお腹を膨らませながら息を吸い、口からお腹をへこませながら息を吐くことです。以下のポイントに注意して行いましょう。

姿勢

寝転んでひざを立てるとやりやすいです。座る場合や立つ場合は背中を真っすぐに保ちましょう。

息の吸い方・吐き方

鼻からゆっくり息を吸い、おへその下に空気をためるイメージでお腹を膨らませます。
口からゆっくり息を吐き、お腹をへこませます。
息を吐くときは、吸うときの倍の長さを意識しましょう。

回数

1日10回ほどが目安です。初めは5回から始め、慣れてきたら10回~20回に増やしましょう。

イメージ

吸うときは自然や好きな香りなど心地よいものをイメージし、吐くときはイライラや不安などを体から出すイメージを持ちましょう。

実施のタイミング

腹式呼吸は心身をリラックスさせる効果があります。寝る前に行うと、質の良い睡眠に繋がります。

まとめ

自律神経の乱れは疲れやだるさなどの症状を引き起こします。
効果的な腹式呼吸を実践して、自律神経を整えましょう。
リラックスタイムとして腹式呼吸を楽しみながら、日常生活に取り入れてください。
タイトルとURLをコピーしました