PR

リンゴジュースで口臭対策!?その理由と効果的な飲み方は?

口臭
美味しい料理を楽しんだ後、口臭が気になることはありませんか?
焼肉や餃子、イタリア料理などを堪能した後、口臭がひどくなることがあります。
特に次の日に仕事がある場合、なんとかしたいですよね。
そんなときには、リンゴジュースを飲むのが効果的です。
今回は、その理由や効果的な飲み方について詳しくご紹介します。

なぜリンゴジュースが口臭に効くのか?

食事後に口臭が強くなるのは、特にニンニクが原因であることが多いです。
ニンニクを摂取すると、「アリシン」という成分が発生し、これが口臭の原因となります。
アリシンは体内に吸収され、息や汗から排出されるため、全身からニンニクの臭いが出てしまいます。
このニンニク臭はアリシンが完全に体外に排出されるまで続くため、数日間口臭が気になることもあります。
リンゴには、アリシンを分解するポリフェノールやリンゴ酸が豊富に含まれており、特に皮に多く含まれています。
そのため、リンゴを皮ごと食べることで口臭を軽減できます。
夜中などでリンゴが手に入らない場合でも、リンゴジュースを飲むことで同様の効果が得られます。特に果汁100%のリンゴジュースを選ぶことをお勧めします。

リンゴジュースを飲むタイミング

口臭を防ぐためにリンゴジュースを飲む最適なタイミングは、「食後できるだけ早く」です。
アリシンが体内に吸収される前にリンゴジュースを飲むことで、アリシンを分解し、口臭を予防することができます。
ニンニク料理を楽しむ際は、事前にリンゴジュースを準備しておくと良いでしょう。

口臭に効く他の飲み物

リンゴジュース以外にも、口臭に効果的な飲み物があります。

牛乳

牛乳に含まれるタンパク質は、ニンニクの臭い成分であるアリインと結びつきやすく、アリシンの吸収を抑制します。
食前に牛乳を飲むことで、ニンニクによる口臭を予防できます。食後にも効果がありますが、食前に飲む方が効果的です。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンは消臭効果が高く、ニンニクの臭いも軽減します。
食後すぐに緑茶を飲むと良いでしょう。
リンゴジュースや牛乳よりも効果を感じる人もいるようです。ただし、糖分や乳成分が気になる場合は、緑茶を選ぶと安心です。

ニンニクを食べてから時間が経ってしまった場合は、水をたくさん飲んで体内のアリシンを早く排出することが重要です。
水分を多く摂取し、汗やトイレでアリシンを排出しましょう。

まとめ

リンゴジュースが口臭対策に有効である理由と効果的な飲み方について解説しました。
ニンニクの臭いの原因であるアリシンを分解するポリフェノールやリンゴ酸が豊富に含まれるリンゴは、特に果汁100%のジュースが効果的です。
ニンニク料理を食べた後は、できるだけ早くリンゴジュースを飲むことが重要です。また、牛乳や緑茶、水も口臭対策に有効なので、ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました