PR

前髪のヘアピンがダサいと言われる理由と、大人っぽく見せるコツ

ヘアセット
前髪が目に入って煩わしい時、ヘアピンで留めるとスッキリします。しかし、残念ながら「ダサい」と感じる人もいます。その理由を以下の2点にまとめました。
  • 見えているアメリカピン
  • 幼い印象を与える
ここでは、前髪のヘアピンがダサいと言われる理由と、ヘアピンを使って大人っぽく見せる方法をご紹介します。

見えているアメリカピン

アメリカピンは本来隠すべきもの。外から見えるように使うと、ヘアアレンジが雑に見えがちです。アメリカピンを使う場合は、髪の内側に入れ込むと良いでしょう。

幼い印象を与える

前髪にヘアピンをつけると、小中学生のように見えてしまうことがあります。特にカラフルなヘアピンを使うと、子供っぽい印象を強めてしまいます。

大人っぽく見せる前髪のヘアピン留め

前髪をヘアピンで大人っぽく留めるには、以下の方法を試してみてください。

耳にかけて留める

前髪を耳にかけ、その部分をアメリカピンで留めると、ピンが見えにくくなり、スッキリした印象になります。サイドの髪でピンを隠すと、さらに自然です。

ねじって留める

前髪をねじって耳の後ろで留める方法もおすすめです。ピンが隠れるように留めると、より洗練された印象になります。

色付きアメリカピンの重ね付け

黒や茶色ではなく、ゴールドやシルバーのアメリカピンを使うと、見えてもおしゃれに見えます。複数本を重ね付けすることで、デザイン性がアップします。

ヘアピン不要のおしゃれな前髪の留め方

ヘアピンを使わない方法も試してみてください。

編み込み

前髪を編み込んでヘアゴムで留めると、ヘアピンなしでもしっかり固定できます。耳やサイドの髪でゴムを隠すと、さらにおしゃれです。

カチューシャ

カチューシャを使うと、簡単に前髪を整えることができます。様々なデザインがあるので、気分や服装に合わせて選ぶと良いでしょう。

まとめ

前髪をヘアピンで留めるとダサいと感じる人もいますが、工夫次第で大人っぽく見せることができます。耳にかけて留めたり、ねじって留めたり、色付きアメリカピンを使ったりする方法があります。また、編み込みやカチューシャを使うと、ヘアピンなしでもおしゃれに仕上がります。いろいろな方法を試して、自分に合ったスタイルを見つけてください。
タイトルとURLをコピーしました