3ヶ月は続けてみよう!早歩きで楽に痩せられる?

健康

ダイエットの方法と言うと、ハードな運動や無理な食事制限ばかりが浮かんでしまうかもしれませんが、単純に早歩きをするだけでも痩せられます。

ダイエットを長く続けていくコツは、何よりも無理をしないことです。

無理をしない方法を見出すことで続けやすくなります。

今回は、その1つの方法として早歩きダイエット方法をご紹介します。

早歩きのダイエット効果

単純に、早歩きをするだけでほんとに痩せられるの?と疑問を抱く人も多いことでしょう。

ふくらはぎは第二の心臓と言われていますね。

それは、心臓のポンプ作用により全身に新鮮な血液が送られて、最終的に足の方にまで送られた血液が、心臓に戻す時にふくらはぎの筋力が必要となるからです。

心臓から送られて、全身を巡った血液が、再び、心臓に戻らなければ血液循環は成り立ちません。

だからこそ、ふくらはぎの筋力、ポンプ作用が重要となってくるのです。

つまり、ふくらはぎの筋力がなければ、血液循環が成り立たないため、第二の心臓と言われているのです。

早歩きをすると、ふくらはぎの筋力がアップします。

ふくらはぎの筋力がアップすると、血液循環が良くなるため、代謝が上がります。

代謝が上がると、基礎代謝がアップするのでダイエット成功につながるのです。

どれくらいの早さがいい?

早歩きといっても、実際に歩く早さは、人によって違います。
その目安になるのは心拍数です。

脂肪を燃焼させるのに効果的な心拍数は60%~70%で、それを持続させながら10分以上、早歩きするところが効果的です。
?
つまり、少し息が上がる程度で歩くといいでしょう。

実際に、心拍数計を使って測りながら歩くと正確ですが、なかなか難しいと言う人は、少し息が上がる程度を目安に歩きましょう。

早歩きをするときは、お肌を広くするのを意識して、背筋を伸ばして腕を大きく振って歩きましょう。

視線は下ではなく、まっすぐ前に向けるのが効果的です。

3ヶ月は続けてみよう!

早歩きダイエットは、少なくとも3ヶ月以上は続けましょう。

早歩きをしたからといって、すぐに痩せるわけではありません。

特に有酸素運動は、即効性がないダイエット方法なので、気長に続けるのがポイントとなります。

気長に続けるためにも、無理をせずに、少し息が上がる程度の運動強度で続けていきましょう。

3ヶ月以上、有酸素運動を続けると、体も慣れてくるので習慣化しやすいです。

習慣化してしまうと、辛いはずの運動が日課になるため、楽しく続けることができます。

タイトルとURLをコピーしました