顔の黄金比を知って美人メイクで差をつけよう!

美容

デザインや写真、設計などには、美しく見せるための黄金比が用いられることが多いです。

実は顔にも、黄金比があります。
顔の黄金比とは、顔を見たときに美人だと思えるバランスで、パーツが整っている比率なのです。

つまり、メイクなどで顔の黄金比に近づければ、美人顔に近づけるのです。


今回は、顔の黄金比に近づける美人メイクで差をつける方法を紹介します。

美人はみんな黄金比?

美しい女優さんや芸能人は、必ずと言っていいほど、顔の黄金比が整っています。

顔の黄金比にはルールがあり、次の3つの要素が含まれています。

・顔の縦と横の長さと比率
・目や鼻などの各パーツの位置
・目や鼻などの各パーツの大きさ

それでは、次にこの3つの要素がどんな比率で整っていれば良いのか?について説明していきます。

美人の黄金比の条件

美人の条件とも言われている黄金比は、次のような条件があります。

まず、次の3点をチェックしてみましょう。

・髪の生え際から眉頭
・眉頭から鼻先
・鼻先から顎の先

この3つが同じ比率で揃っているのが条件です。

そして、次に5点をチェックしてみましょう。

・右のこめかみから右目尻
・右目尻から右目頭
・右目頭から左目頭
・左目頭から左目尻
・左目尻から左のこめかみ

この5つが同じ比率で揃っているのが条件です。

最後に、次の3点もチェックしてみましょう。

・白目:黒目:白目=1:2:1
・目の横幅:眉間:目の横幅=1:1:1
・鼻下から唇の中心:唇の中心から顎先=1:2

これらの条件をクリアしていれば、美人顔になるのです。

悩み別!黄金比メイクで美人顔になろう!

日本人に多い悩み別に、黄金比メイクのテクニックをご紹介します。

・顔の縦の比率が長い

顔の縦幅が広い人は、両方のこめかみからおでこの中央まで、さっとシェービングを入れましょう。

顎先にも、軽くシェーディングを入れると、影ができるので顔の縦幅をカバーできます。

・顔の横の比率が長い

顔の横の比率が長いと、顔が大きく見えてしまいます。

また、のっぺりした顔に見えてしまうので、顔の横と鼻筋のところにシェーディングを入れましょう。

顔の横は、頬の両サイド、鼻筋は眉頭から鼻の脇に、軽くシェーディングを入れます。

それによって、顔の彫りが深く見えるので、顔の横幅が狭く見えます。

・目が離れている

アジア人には、目が離れている人が非常に多いです。

しかし、目の印象はアイメイクによって変えやすいので、目の距離を狭く見せられます。

アイシャドウは、目頭から濃い色を入れていきます。

アイラインは、目尻ではなく目頭の方をほんの少しだけ長くします。

眉尻はなるべく短く描きましょう。

最後の仕上げに、目頭と涙袋に白いハイライトを薄く入れます。

タイトルとURLをコピーしました