良い睡眠のための枕の選び方とは?寝返りが重要!

健康

睡眠の質を上げるために、ベッドのマットにこだわる人が多いです。
しかし、枕の選び方にもこだわることで、さらに睡眠の質を上げられます。

枕は、何でも良いように思いますが、年齢を重ねるごとに自分に合う枕を選んだ方が良いです。


枕の高さも大事ですが、何よりも寝返りが打てるかどうかが重要なポイントとなってきます。

ここでは、睡眠の質を上げるための枕の選び方についてご説明します。

睡眠の質は枕で決まる

枕なんて何でもいいと思っていませんか?


しかし、枕1つで睡眠の質はかなり変わります。

柔らかすぎる、硬すぎる、小さすぎる、高すぎる枕では寝返りが打ちにくいため、良い睡眠が取れません。

枕のせいで睡眠時の姿勢が悪くなり、腰や首に負担がかかり、肩こりや腰痛になってしまうケースもあります。

寝返りの重要さとは?

枕の位置が合わずに、姿勢が悪くなって、肩こりや腰痛を招いてしまうのも健康を損なう一つの要因ですが、寝返りが打てないのが1番の問題なのです。

そもそも、人間はなぜ睡眠中に寝返りを打つのか?

それは、睡眠中のレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えをするためです。

私たちは睡眠中に、深い眠りのレム睡眠と、浅い眠りのノンレム睡眠を繰り返しながら眠っています。

レム睡眠とノンレム睡眠がバランスよく交互に存在しなければ、良い睡眠は取れません。

つまり、寝返りがその移行のスイッチとなっているのであれば、寝返りできないとなるとレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えができないと言うことになります。

また、同じ姿勢のまま睡眠をとっていると、同じ部分だけが圧迫により血流が悪くなります。


体をバランスよく休めるためにも、寝返りが重要なのです。

睡眠の質を高める枕の選び方

睡眠の質を高める枕の選び方は、高さと柔らかさ、大きさがポイントになります。

まずは、高さですが、男性は4cm、女性は3cmが基準です。

柔らかさについては、実際に枕に頭を乗せてみて、楽に寝返りが打てるか?を確かめてみましょう。

枕が柔らかすぎると、頭がかなり沈んでしまうため、寝返りが打ちにくくなります。

朝起きた時に、枕がかなり凹んでいる人は要注意です。

最後に、枕の大きさですが、中央に自分の頭が来たときに、左右に自分の頭一個分の広さがあるのが好ましいです。

それも実際に、枕を使ってみて、左右に寝返りが打てるかどうかを確かめてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました