美肌の基本は洗顔から!正しい洗顔方法を身に着けよう

洗顔

つるつるで明るい美肌はみんなの憧れ。

美肌になるため、毎日肌のお手入れに励んでいる方も多いことと思います。

美肌になるために欠かせないのが、洗顔だとご存じですか?

正しい洗顔方法を身に着けて、すっぴんに自信を持てる肌を手に入れましょう。

どうして洗顔が大切なの?

肌のお手入れの基本は、洗顔と保湿。

保湿には力を入れているけれど、洗顔は適当に済ませてしまっているという人もみえるようです。

でも洗顔は、美肌になるためにとても大切なものなんですよ。

洗顔をして肌の汚れや余分な角質を落としておかないと、化粧水や美容液なども肌になじんでくれません。

毛穴に汚れなどが残っていると、毛穴が黒ずんだり詰まったりという原因となってしまいますよ。

ニキビや肌荒れなどの肌トラブルも起こしやすくなってしまいます。

美肌になるためには、肌に不要なものを洗い流して、肌のターンオーバーを整えることが重要ですよ。

美肌になれる洗顔方法

まずは、手を洗って清潔にします。

その時に温かいお湯を使って手を温めておくと、洗顔料が肌になじみやすくなりますよ。

洗顔料の適量を手の平にとって、顔につけていきます。

泡立てるタイプの洗顔料の場合には、しっかりと泡立ててから使いましょう。

洗顔料をつける順番は、皮脂の多いTゾーンからがオススメです。

洗顔料をつけたら、洗い残しのないように指の腹を使って優しく洗っていきましょう。

直接手でこするのではなく、洗顔料で肌をなでるように洗っていってくださいね。

全体を洗い終わったら、ぬるま湯で洗い流していきます。

洗顔料がしっかりと落ちるよう、30回以上すすぐようにしてくださいね。

洗顔が済んだら、タオルで水分を優しく吸い取り、しっかりと保湿をしましょう。

洗顔する時の注意ポイント

洗顔は大切なものですが、洗い過ぎると逆効果になってしまいます。

洗顔料も肌への刺激となってしまうため、洗顔量を肌にのせる時間は1分以内にしましょう。

汚れを落とそうとして、ゴシゴシと手で肌をこするのは厳禁です。

手でこすると肌に必要な皮脂や角質まで洗い流されてしまい、肌を乾燥させたり、ターンオーバーを乱したりする原因となってしまいますよ。

肌はデリケートなので、ダメージを与えないよう優しく丁寧に扱うようにしてくださいね。

洗顔は毎日するものなので、毎日の積み重ねが美肌をつくるのに役立ってくれますよ。

洗顔を見直して、より美肌になれる洗顔を工夫してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました