睡眠不足でも元気に乗り切るための3つの方法

睡眠時間は8時間ぐらいが最高が、家事や仕事の事情などで、6時間程しか睡眠が出来ない女性も多数いることでしょう.。

睡眠時間が短い日々が続くと、日中に寝不足に見舞われて、仕事の効率などが響く可能性が高いことも考えられます。

だとしても、睡眠時間を増加させることがあらゆる解決になるということではありません。

睡眠時間が短くても、日々の過ごし方である程度は、寝不足を解決することができます。

今回は、寝不足を解決するための日々の過ごし方について、ご案内します。

短時間でも良いから昼寝をする

あまりにも寝不足感を感じるのであれば、お昼25分から30分位の昼寝を取ると、すっきりします。

脳は、睡眠により休めることができます。

もちろん、体の疲れも癒せるのが睡眠ですが、脳休める方法は睡眠しかありません。

睡眠時間が短いことで、十分に脳を休められていないと、お昼ぐらいに眠くなることもあり得ます。

それは、脳が休養のシグナルを出しているからなのですね。

脳を休めるためにも、お昼の15分から30分程度の昼寝をするように心がけましょう。

眠れなくても目を閉じるだけで、だいぶ脳が休まります。目を閉じると、目から入る光や情報をシャットアウトできるため、脳が休まるのです。

昼間に仮眠をすると、夜眠れないのではないか?と気にする人が多いようですが、お昼に眠る限りでは夜の睡眠に影響は出ません。

集中力がなくなってきたと感じるお昼頃に、短い仮眠を取りましょう。

朝にしっかり太陽の光を浴びる

朝起きたらカーテンを開けて、まず、朝日を受けるように心がけましょう。

できれば、朝日が受けながら、ウォーキングを少しするのもお勧めできます。

朝日を受けると、体内時計がリセットできるので、朝スッキリ目覚められます。

朝に太陽の光を浴びて、体内時計をリセットし、元気に一日を始めると、眠気を吹き飛ばしてその日一日元気に生活できます。

寝不足を解決するためには、朝の過ごし方も重要です。

睡眠の前に食事をしないこと

夜寝る前は、できるだけ食事をしないことも寝不足解消に繋がります。

寝る直前に食事をすると、その食事を消化するために、睡眠中に胃腸が働き続けることになります。

睡眠中は、胃腸も休めてやらないと、体が休んでいるのに休んでいない状態になり、疲れがスカッと取れないです。

夜の睡眠の3時間前までに夕飯を済ませて、消化活動が終わった状態で睡眠するように心がければ、疲れが取れやすくなり寝不足感を解決します。

朝の目覚めが悪いという人は、まず食事の時間を見直してみてください。

朝の目覚めの悪さには、様々な原因があると思いますが、意外に食べ物が関係していることが多いです。

晩御飯はなるべく軽めにして、睡眠の3時間前には済ませるように心がけましょう。

まとめ

睡眠時間を長く得られない人は、睡眠時間を確保することよりも、昼寝を取ること、朝日を受けること、夕飯を睡眠の3時間前に終わらせることの3点を取り組んでみましょう。

それによって、大幅に寝不足感を少なくすることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました