白い歯が手に入るホワイトニング

歯は、見た目を左右する大切なもの。

歯が白く美しいと、清潔で若々しく見えます。

歯を白くするには、ホワイトニングがオススメです。

白い歯が手に入るホワイトニングについてご紹介します!

歯が着色してしまう原因

歯の色は人それぞれ。

毎日歯を磨いていても、黄ばんでしまう人もいれば、白い人もいます。

歯の色は、元々の体質も影響すると言われています。

歯は外側がエナメル質、内側が象牙質となっています。

この象牙質の色味には個人差があり、象牙質の色が黄色っぽいと、歯も黄ばんで見えてしまいます。

エナメル質が着色されているせいで、黄ばんで見えてしまうこともあります。

エナメル質は歯の表面にあるため、食べ物などの影響を受けてしまうんです。

着色してしまう食べ物や飲み物には、色の濃いものがあげられます。

チョコレート、ブドウ、カレー、コーヒー、烏龍茶などを飲む時には注意しましょう。

虫歯や詰め物などが着色の原因となってしまうこともあります。

喫煙も、歯を着色する原因になると言われています。

歯を白くするホワイトニング

一度着色してしまった歯を白くするには、ホワイトニングがオススメです。

ホワイトニングとは、歯の着色を漂白して白い歯にすること。

ホワイトニングには、歯科で行っているオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングはプロにお願いするため、トータルで口腔内をケアしてもらえるのがメリットの一つ。

歯科医がいるため、効果の高い薬剤や、設備などを使用することもできます。

ホームホワイトニングは、自宅で自分の好きな時にできるのがメリットです。

でも使用するマウスピースは自分の歯に合わせないといけないため、歯科を受診して作ってもらう必要があります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法もありますよ。

白い歯のために気をつけたいこと

ホワイトニングをしても、効果は永遠ではありません。

食事をしたりすることで、また着色してしまいます。

できるだけ着色を防ぐためには、日々のお手入れをしっかりと行うことが大切です。

食後には、すぐに口をゆすぐようにしましょう。

歯磨きも、磨き残しがないようにしてください。

ホワイトニング直後には、できるだけ色の濃い食べ物や飲み物を控えるようにしましょう。

禁煙するのもオススメです。

定期的に歯科を受診し、口腔内を健康に保つことも大切です。

定期的にホワイトニングを行って、白い歯を保ってください。

タイトルとURLをコピーしました