爪がすぐに欠けるのはどうして?爪を健康的に保つ方法

美容

美しい手元には、健康的な爪が必要不可欠です。

ところが、爪がすぐに欠けてしまうと悩んでいる人も多いようです。

爪が欠けないようにするには、爪のケアと丈夫な爪をつくることが大事です。

爪が欠けてしまう原因と、健康的な爪をキープする方法についてご紹介します。

爪が欠けてしまう原因は?

爪が欠けてしまう原因の一つが、栄養不足。

爪や爪の周囲の皮膚は、食べた物から作られています。

従って栄養が不足してしまうと、必要な栄養が細胞に行き行き渡らなくなり、爪がもろくなって欠けやすくなってしまいます。

乾燥も、爪をもろくする要因となってしまいます。

手と爪は、一日に何度も水やお湯に触れる部分となっています。

水に濡れたままにしておくと、水分が蒸発しやすくなって乾燥してしまいます。

マニキュア、除光液、ジェルネイルなども、爪に悪影響を及ぼして欠けやすくしてしまいます。

健康的な爪をつくる食生活

健康的な爪をつくるためには、爪に必要な栄養素を正しく摂ることが大事です。

爪を丈夫にするためには、カルシウムをとるのがオススメです。

カルシウムが多く含まれている食材には、海老や蟹などの甲殻類、牛乳やチーズなどの乳製品、イワシやシシャモなどの魚類などがあります。

爪の乾燥を予防するためには、ビタミンAがいいとされています。

ビタミンAが多く含まれている食材には、豚や鶏のレバー、うなぎ、イカ、緑黄色野菜があります。

爪がすぐに欠けると感じたら、食生活を改善してみてくださいね。

爪を欠けないようにするケア方法

爪が欠けるのを防ぐためにも、爪のケアをするようにしましょう。

爪を短くする時には、爪やすり使って形を整えるのがオススメです。

爪専用の栄養クリームをつけるのもいいです。

爪を保護する目的をもったネイルも販売されています。

手と爪が濡れた時には、水分をきちんと拭き取って乾燥を防ぐようにしましょう。

洗剤なども爪にダメージを与えてしまうため、皿洗いなどをする時にはゴム手袋などをつけることをオススメします。

その後で、爪と爪周囲に保湿クリームを塗るようにしてください。

マニキュアや除光液などは爪の負担となってしまうため、できるだけダメージを与えないものをチョイスするようにしましょう。

たまには、爪に何も塗らない休息タイムも作ってください。

爪が健康的できれいだと、手を見るのが楽しくなりますね。

爪のケアに気を付けることで、健康的できれいな爪になることができます。

まとめ

爪を健康的に保つには、食生活に気をつけ、キチンと爪のケアをすることが大切です。

ぜひ、健康的できれいな爪をキープしてください。

タイトルとURLをコピーしました