最近は5月病よりも6月病が増えている?6月病ってどんなもの?

ストレス

5月が近くなると耳にすることの増える、5月病。

最近では、5月病ではなく6月病になる人が増えていると言われているんですよ。

6月病とはどんなものなのでしょうか?

6月病についてと、6月病の対策についてご紹介します。

6月病ってどんなものなの?

6月病とは、昔から言われている5月病に似た症状が現われるものです。

春は、進学、就職、引っ越しなど、環境が変わることの多い季節です。

環境が変わることによって、人間関係や生活習慣なども大きく変化しますね。

環境の変化に体と心がうまく対応できないと、いろんな不調を起こしやすくなってしまいます。

6月病の症状には、やる気がでない、考えがネガティブになってしまう、気分が憂鬱になるなどの精神的なもの。

体がだるい、頭痛がする、食欲の低下、下痢、便秘、朝起きられないなどの身体的なものがありますよ。

6月病は、誰もがなる可能性のあるものだと言われています。

6月病を防ぐためにはどうすればいい?

社会で生きていくうえで、環境の変化を避けることはできません。

どうしても我慢しなければいけない場面もありますね。

6月病を防ぐためには、できるだけストレスを溜めないようにすることが大切ですよ。

ストレスがあると、精神的・身体的に悪影響を与えて6月病になりやすくなってしまいます。

心と体が疲れていると感じたら、できるだけ休息をとって心と体を休ませてあげましょう。

心を許せる家族や友人とゆったりと過ごすのもオススメですよ。

趣味やペットに癒してもらうのもいいですね。

ストレスに強い体をつくるには、体を健康に保つことが効果的です。

そのためにも、栄養バランスのいい食事と質の高い睡眠をとるようにしましょう。

できるだけ規則正しい生活を送るようにしてくださいね。

オンとオフを区別して、プライベートを充実させることもオススメですよ。

6月病になってしまったらどうする?

6月病の症状があり、日常生活にも支障が出てしまう場合には、自分一人で悩まないようにしましょう。

信頼できる家族や友人に話を聞いてもらうのもいいですね。

心療内科に相談するのもオススメですよ。

プロに相談することで、早く症状を改善することが期待できます。

心療内科では、カウンセリングや薬物治療など、症状に合わせて対応してもらうことができますよ。

6月病かも?と思ったら、早めに対処するようにしましょう。

無理は禁物ですよ。

自分を大切にしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました