春色ルージュが生える!ぷるんとした唇を作る方法

美容

気温が高くなってくると、鮮やかなカラーのファッションやメイクがトレンドになります。

鮮やかなカラーのリップクリームを塗ると、今まではあまり目立たなかった唇の状態が目立ってしまいます。

春色のルージュを綺麗に見せるためには、ぷるんとした唇を作っておくことが大事です。

乾燥して唇の表面がカサカサになっていると、凹凸が生じるため、ぷるんとした滑らかな唇を作るのが難しいです。

今回は、春色のルージュを綺麗に見せるために、ぷるんとした唇を作る方法をご紹介します。

外的刺激が多い季節はマスクの着用を

空気が乾燥して花粉もよく飛んでいる春は、花粉症ではなくても、マスクをして外的刺激から唇を守る習慣をつけましょう。

それだけでも唇の乾燥や炎症を防止して、潤いがある唇を保てます。

リップクリームは1日4回程度まで使用

リップクリームを塗りすぎると、唇がもともと持っているバリア機能を壊してしまう恐れがあり、余計に唇が荒れてしまいます。

リップクリームは、1日に4回程度を目安に塗るようにしましょう。

リップクリームを温めてから塗る

気温が低いせいでリップクリームが硬くなっている場合は、寝る前に手で温めてから塗りましょう。

固いリップクリームを唇に塗ると、摩擦が強くなって唇にダメージを与えてしまいます。

リップクリームは縦塗りでゆっくり塗る

リップクリームを唇に横向きに塗っている人が多いですが、正解は縦塗りです

唇のしわは、縦方向についていますね。
リップクリームを横塗りしていると、しわに成分が浸透しにくくなり、万全な唇の保湿対策ができません。

正しい塗り方は、リップクリームを横塗りで唇全体に塗ってから、縦塗りで丁寧にリップクリームの成分を浸透させていく方法です。

リップクリームを塗った後は、軽く指で唇を押さえて、さらにリップクリームの成分を浸透させてあげましょう。

それだけのことで唇の湿度は、グンと上がります。

リップクリームを清潔に保つ

いつも使っているリップクリームが汚れていないかを、時々チェックしましょう。

意外にリップクリームは、表面が汚れていたり、キャップが汚れていたりします。

汚れたままのリップクリームで唇を保湿することによって、唇に見えない雑菌をつけてしまう原因になります。

雑菌が原因で炎症が起こると、唇が荒れるので気をつけましょう。

唇同士を強く擦り合わせないように気をつける

リップクリームを塗った後に、唇の上下を擦り合わせていませんか?
唇の成分をしっかり浸透させるためには、唇を擦り合わせる必要性はありますが、過剰にこすり合わせると刺激となってしまいます。

唇同士を擦り合わせるのではなく、指でゆっくりと押さえるようにしてリップクリームをなじませていく方が、ダメージが少なく保湿度が上がります。

タイトルとURLをコピーしました