外食やコンビニのご飯でも太らない食べ方

外食やコンビニでご飯を食べていると、間違いなく太ってしまうと決めてかかっていませんか?

正直に言うと、外食やコンビニのメニューは味付けが濃く、脂質や糖質も高いので、チョイスの仕方を考えなければ太りやすいことが多いですが、何がなんでも太ると言っているのではありません。

今回は、外食やコンビニのご飯でも太らない食べ方やダイエット効果を高くする食べ方をご案内します。

外食やコンビニのご飯で太ってしまう理由

外食やコンビニのご飯で太ってしまうのは、カロリー、脂質、糖質が高いものが多いからです。

家で作ったご飯と外食やコンビニのご飯を、もう一度比較してみてください。

外食やコンビニのご飯の方がボリュームがありませんか?

ご飯のボリュームがあるのは、味付けが濃くカロリーが高いからです。

わかりやすく言うと、ボリュームアップして豪華に見せるのが外食やコンビニのご飯の特性なのですね。

そういうわけで、カロリーや糖質、脂質が多い外食やコンビニご飯を食べ続けていると、肥満になりやすくなってしまうのです。

また最近は、野菜が高くなっているため、ますます、外食やコンビニのご飯の野菜率が低くなってきています。

そうした理由からも、外食やコンビニのご飯を食べ続けると太ってしまう人が多いのです。

外食やコンビニのご飯を選ぶ際に気をつけなければいけないポイント

外食やコンビニでご飯を選ぶ際に、皆さんが一番関心があるのはカロリーだと思います。

しかし、カロリーよりも重要だと思うのは栄養バランスです。

糖質や脂質をたくさん取りすぎてしまうと、カロリーが高くなるだけではなく、かなり太りやすくなってしまいます。

できるだけ、糖質脂質を抑えて、ダイエットに効果的な栄養素を取るように気に掛けるべきです。

そうしたことを前提に、下記のようなポイントを押さえて、外食やコンビニのメニューを選びましょう。

・脂質が低く高タンパクなものを選ぶ

・なるべく加工品は選ばない

・炭水化物はほどほどにしておく

・食物繊維が多いものを選ぶ

・味付けが薄いものを選ぶ

この5つのポイントを押さえて、外食やコンビニでメニューを選ぶようにしましょう。

外食やコンビニでオススメしたいダイエットメニューの組み合わせ

・ドレッシングが別になっている生野菜サラダ

・炭水化物のおにぎりは単品で購入し、おかずを別で買う

・豆腐や高野豆腐、納豆などの植物性タンパク質の食品を組み合わせる

・味噌汁や野菜スープなどの汁物も加える

・芋類、ご飯類、麺類はなるべく控えて炭水化物を減らす

・チキンフライなどではなく脂質が少ないサラダチキンを選ぶ

・生野菜がなければ漬物を代用してもいい

まとめ

外食やコンビニでご飯を食べていると、何がなんでも太ると言っているのではありません。


外食やコンビニのご飯を選ぶポイント、組み合わせに注意して太らないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました