ニキビ跡を残さないためには適切なケアが大切です

美容

ニキビができた跡に残ってしまう、ニキビ跡。

しつこいニキビ跡に、ずっと悩まされてしまうこともあるんですよ。

ニキビ跡を残さないためには、原因となるニキビをできるだけつくらないことと、ニキビができてしまった時に適切なケアをすることが大切です。

ニキビケアをマスターして、ニキビ跡のない美肌になりましょう!

ニキビができてしまう原因は?

ニキビができてしまう主な原因は、詰まってしまった毛穴にアクネ菌が繁殖してしまうことです。

アクネ菌が繁殖すると、皮膚を炎症させて赤ニキビなどをつくってしまいますよ。

ニキビの炎症が皮膚の深くまで進んでしまうと、皮膚が赤くなったり、硬くなったり、デコボコしたりしてニキビ跡となってしまうんです。

毛穴が詰まる原因には、古い角質、汚れ、皮脂などがありますよ。

ニキビができるのを防ぐには、毛穴が詰まらないようすること、アクネ菌の繁殖を防ぐことが大切です。

ニキビ跡が残らないようにするためには、ニキビの症状が進行しないよう、早めの段階で治すことが大切ですよ。

ニキビができないようにするためのケア方法

ニキビができないようにするためには、毛穴の詰まりを防ぐことが効果的。

毛穴が詰まる原因の多くは、古い角質だと言われています。

古い角質が溜まらないよう、洗顔をきちんと行うようにしましょう。

洗顔だけで古い角質を除去できない場合には、ピーリング効果のある石鹸やパックを使用するのもオススメですよ。

洗顔やピーリングをやり過ぎると、必要な角質や皮脂まで取り除いて逆効果となってしまいます。

肌を乾燥させる原因ともなってしまいますよ。

ニキビ跡を残さないために注意すること

ニキビができてしまったら、できるだけ早く治すように心掛けましょう。

ニキビを潰したりするのは厳禁です。

ニキビに触れると刺激となって、ニキビを悪化させる原因となってしまいますよ。

洗顔をきちんとして、肌を清潔に保つことが第一です。

メイクなど、ニキビへの刺激となるものは控えるようにしましょう。

ニキビを早く治すためには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。

規則正しい生活と、バランスのとれた食事をとって、肌のターンオーバーを整えるようにしてくださいね。

ニキビの炎症が治まらない時には、皮膚科を受診するのがオススメです。

皮膚科では、必要に応じて飲み薬や塗り薬などを処方してもらえますよ。

後々後悔しないためにも、ニキビ跡が残らないように早めに治しておきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました