スローカロリーダイエットで負担なく痩せる方法

近頃は、糖質制限ダイエットが注目されていますね。

しかし、糖分を異常に減らしすぎると体調を崩す心配があるため、幾人かの専門家が危険性を言明しています。

糖分を抑えすぎると、脳に障害が発生したり老化がスピードアップしたりする可能性があります。

糖分を著しく減らすのではなく、糖質の吸収をゆっくりとすることでもダイエット効果が見られます。

つまり、それが最近話題のスローカロリーダイエットというものです。

今回は、スローカロリーダイエットの効果や方法などを紹介します。

スローカロリーとは? 

スローカロリーダイエットの内容を説明する前に、スローカロリーについて説明します。

スローカロリーとは、一口で言いますと食事をを済ませた後の血糖値の上昇を緩やかにすることです。

糖質の量は同じでも、食事した後の糖質の吸収が緩やかであれば、血糖値の上がり具合は緩やかになります。

血糖値が急激に上昇すると、血糖値を抑止するために大量のインスリンが分泌されます。

インスリンは糖質を脂肪に変えて血糖値を抑える作用をするため、血糖値が急上昇するような食事を重ねていると肥満になりやすくなるのです。

逆に言うと、血糖値を急上昇させないスローカロリーを目指していると、痩せやすい体質になります。

スローカロリーダイエットとは?

スローカロリーダイエットとは、血糖値を急上昇させない食品を選択することで痩せやすい体質に方向転換していくダイエット方法です。

菓子パンやどんぶり、インスタント食品やファストフードなどは、食事した後に血糖値を急上昇させる特徴を持っています。

時間が無いからといって、このような食事だけをしていると、肥満になりやすくなってしまいます。

糖質の吸収を緩やかにする食品を選んで、血糖値の急上昇を防ぎ、インスリンをできるだけ分泌させないようにするのが、スローカロリーダイエットです。

スローカロリーダイエットの方法

スローカロリーダイエットの方法の原則として、血糖値の上昇を緩やかにする食品を選ぶことです。

糖質の量ではなく血糖値の上昇のスピードに意識して、食品を選ぶことでスローカロリーダイエットを成功させられます。

スローカロリーダイエットで食品を選ぶポイントは次の3つです。

・食物繊維が多く含まれているもの

・よく噛んで食べなければいけないもの

・ビタミンやミネラルがたくさん含まれているもの

特に食物繊維は糖質の吸収を緩やかにする働きがあるため、かなり大切です。

例えば、おやつはスナック菓子ではなく、ナッツなどにするなど工夫することで、間食もできます。

そして、ビタミンやミネラルは糖質の代謝を正常化してくれるので、エネルギー変換が行われやすくなり、太りにくい体質になります。

糖質がカラダの中に溜まると脂肪に変わる確率が高くなるので、早くエネルギーに変換するためにも、ビタミンやミネラルが含まれたものを多く取るようにしましょう。

まとめ

スローカロリーダイエットとは、血糖値を急上昇させない食品を選択することで痩せやすい体質に方向転換していくダイエット方法です。

・食物繊維が多く含まれているもの

・よく噛んで食べなければいけないもの

・ビタミンやミネラルがたくさん含まれているもの

これらの食品を多くとることで、痩せやすい体を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました