ウォーキングのための靴選びのコツ

ウォーキング

健康維持には、毎日のウォーキングがおすすめです。
しかし、合わない靴で歩き続けていると骨盤の歪みの原因になったり、ウォーキングの効果をちゃんと感じられない可能性があります。

正しい歩き方はマスターしていても、意外に正しい靴の選び方は知らないという人が多いのかもしれません。

今回は、ウォーキングのための靴選びのコツをご紹介します。

靴選びの重要性とは?

普段の靴選びにも言えることですが、ウォーキングの靴選びもすごく重要です。
せっかく始めたウォーキングなのに・・・靴が合わなくてやめてしまった・・・というケースが多いです。

例えば、合わない靴のせいで靴擦れになり、痛くて靴が履けない区なってしまうケースや、フォームが乱れて膝や腰を痛めてしまうケースなど様々です。

健康のためのウォーキングで、足を痛めてしまうことがないように、自分の足に合った靴選びがウォーキングの基本と言っても過言ではありません。

ウォーキングのための靴選びのポイント

ウォーキングの靴選びのポイントをわかりやすくまとめます。

・靴底や靴のアッパー素材
靴底やアッパーの部分の素材は柔らかいものを選ぶ方が歩きやすいです。
逆に、硬いものを選ぶとアキレス腱などに負担をかけすぎるので気をつけましょう。

・かかとや足首の安定感
靴の履き口やかかとの部分には柔軟性が必要ですが、履いて歩いた時にかかとや足首が安定していてしっかり抱えてくれると感じたものを選びましょう。

・紐やベルトなどで調整できるもの
靴を履いてからもすぐに紐やベルトなどでサイズを調整できる靴を選びましょう。

・靴のサイズの目安
今までの靴のサイズを過信せずに、実際に履いた時の履き心地でサイズを決めるべきです。
目安は、靴のかかと部分にかかとをしっかりつけた時に、つま先に1cm程度の隙間ができるくらいのサイズです。
また、指を動かしても窮屈すぎないか?をチェックすると、さらに履き心地の良い靴に出会えます。

・靴底の曲がり具合を見る
歩く時に、足底の1/3程度のところが柔軟に曲がるものを選ぶと、さらにスムーズに歩けます。

ウォーキングのための正しい靴の履き方

靴を履くときは、靴に足を入れたらすぐに、かかと部分にかかとをくっつけます。

つま先にある程度の余裕があるのを感じたら、紐やマジックベルトでしっかりと固定します。

サイズにゆとりがある靴だから、ウォーキングしやすいわけではありません。
かかとをぴったりと付けた状態で、つま先に1cm程度の余裕があり、そこでしっかり固定することで、安定感が生まれて正しく歩けるようになります。

タイトルとURLをコピーしました