のっぺり顔は鼻のむくみのせい?くっきり顔を作るためのマッサージ方法

鏡で自分の顔を真正面から見た時に、のっぺりした顔に見える人は、鼻がむくんでいる可能性が高いです。

鼻をつまんだり、小鼻の辺りを指で押さえてみると、痛みが少し感じるのなら、むくんでいる証拠です。

鼻がむくんでいることで、横に広がって見えてしまうため、のっぺりした顔の印象になります。

今日は、のっぺり顔を解消するための簡単な鼻のマッサージ方法をご案内します。

のっぺり顔は鼻のむくみのせい?

キリッとした顔を作るためには、鼻スジが通った高い鼻が必須です。

鼻が横に広がって見えたり、鼻スジがあまり通っていないと、のっぺりした顔に見えてしまいます。

鼻には鼻筋(びきん)という筋肉があります。

鼻筋は表情筋の一つで、無表情などで表情筋をあまり使わない生活をしていると、リンパの流れが悪くなり、むくんでしまうこともあり得ます。

鼻のむくみを解消することを望むなら、リンパの流れを促進するマッサージを行うのがおすすめです。

リンパは、体内に発生した老廃物を回収して体外に出す役割を果たしています。

リンパ管を通るリンパ液によって老廃物が排出される仕組みになっていますが、何らかの影響によってリンパの流れが悪くなると老廃物がたまり、凝りやむくみが生じてしまいます。

1分でできる!鼻のむくみ解消マッサージの方法

鼻のむくみを解決するマッサージ方法はとてもシンプルで、約1分位でできます。

マッサージ方法は、次の通りです。

1.眉頭のくぼみ部分に親指の腹を当てて、約3秒間程度、押し上げるようにして指圧します。両方の親指を当てて、両方の眉頭を同時に指圧します。

2.人差し指の先を目頭のあたりに当てて、そのまま鼻スジに沿って、人差し指を添えます。人差し指の腹で、鼻の脇を約10秒間もみほぐします。

3.人差し指を鼻スジの上の方に当てて、指の腹を使って上下にぐいぐいと動かしながら、約20秒間ほどマッサージします。マッサージする位置を小刻みに変えて、3箇所ほどマッサージしましょう。

4.親指の付け根を上にする方向で、鼻の脇に親指の腹を当てて、約10秒間、鼻の脇をグリグリとマッサージして完了です。

マッサージは、リンパの流れがスムーズになる入浴時などに行うのがおすすめです。

入浴時以外にマッサージを行う場合は、リンパや血流も停滞している可能性が高いので、ホットタオルなどで顔を温めてからマッサージすると効果を発揮します。

鼻の歪みを改善するマッサージ方法

表情の癖などで、鼻にゆがみが生じていると、リンパの流れが悪くなり、むくみやすくなります。

鼻のむくみがなかなか解消されない人は、鼻のゆがみを改善するマッサージ方法も試してみましょう。

1.ホットタオルで鼻を温めてから、中指と人差し指で鼻をつまんで、軽くマッサージします。

2.中指と薬指を使って、軽く鼻を押します。約10秒間ぐらいで鼻を何度か押して、柔らかくしましょう。

3.最後に鏡を見ながら、親指と人差し指で鼻をつまんで、鼻が一直線になるように整えます。約20秒ぐらい使って何箇所かをつまんで鼻を整えていきましょう。

まとめ

のっぺり顔に見えるのは、鼻がむくんでいることが原因です。


くっきり顔を作るためのマッサージ方法 、鼻のむくみ解消マッサージの方法 、鼻の歪みを改善するマッサージ方法を実践してのっぺり顔を解消しましょう。

タイトルとURLをコピーしました